バド日本代表合宿、ナガマツも参加 1日から都内で実施

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
永原和可那(左)と松本麻佑
永原和可那(左)と松本麻佑

 日本バドミントン協会は28日、日本代表合宿を9月1~10日に東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで実施すると発表した。関係者によると、1日に新型コロナウイルスのPCR検査を行うという。

 女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)のほか、1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷した男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、2016年リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダリストで今後は混合ダブルスを軸に活動する松友美佐紀(日本ユニシス)も参加予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 277 文字 / 残り 37 文字)

秋田の最新ニュース