遠い風近い風[伊藤伸平]ハットリバー公国を懐かしむ

会員向け記事
お気に入りに登録

 ひとつの、そして50年の歴史を持つミクロ国家がなくなろうとしている。ミクロ国家とは、独立宣言しているが、他国には承認されていない自称国家のこと。世界に数十あると言われており、今夏その幕を閉じそうなのが、最も成功していると評判だったハットリバー公国だ。

 西オーストラリア州パースから海岸沿いを北に約500キロの、一見ただの牧草地がハットリバー公国だ(面積約75平方キロメートル)。牧草地入口に国境を示す立て看板があり、そこから未舗装道路を進んだ先に、国の中心となる国民居住地(建物がいくつかあるだけ)があった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1260 文字 / 残り 1005 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース