プレーボールをもう一度:72歳のエース・藤林正樹さん、感染予防し練習続ける

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
トレーニングするナイスミドルOBの藤林さん。練習を積み重ね、70代でも変わらぬ速球を投げる
トレーニングするナイスミドルOBの藤林さん。練習を積み重ね、70代でも変わらぬ速球を投げる

 古希を過ぎて、120キロ近い速球と鋭い変化球を繰り出す。秋田市桜の藤林正樹さん(72)は、同市の500歳野球チーム・ナイスミドルOBのエース投手。全県500歳大会ではチームを4度優勝に導き、最高殊勲選手賞に3度選ばれた。

 51歳で同チームに加入し20年余り。今では絶対的な存在だ。バッテリーを組む有光政人さん(57)は「制球力が素晴らしく、経験値も段違い」と大きな信頼を寄せる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 900 文字 / 残り 710 文字)

同じジャンルのニュース