停電で秋田新幹線こまち8本遅れる 落雷が原因か

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 30日午後3時半ごろ、JR田沢湖線の大曲―田沢湖間で停電が発生し、約30分後に復旧した。JR秋田支社によると、この影響で秋田新幹線こまちの上下8本が最大1時間17分遅れた。

 田沢湖線の普通列車は上下4本が田沢湖―盛岡間で区間運休し、下り1本が1時間48分遅れた。同支社は、落雷が停電の原因とみている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 282 文字 / 残り 131 文字)

秋田の最新ニュース