緑川氏「政権への対峙が必要」、合流新党への参加を正式表明

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
合流新党への参加を表明する緑川氏
合流新党への参加を表明する緑川氏

 国民民主党の緑川貴士衆院議員(比例東北)は31日、秋田市の秋田ビューホテルで会見し、立憲民主党との合流新党への参加を正式に表明した。

 緑川氏は会見で「野党の大きな塊をつくり、今の政権に対峙(たいじ)していくことが必要だ」と強調。「政権を担える政党による2大政党制の実現こそが、国会審議、政権運営に緊張感を生み、現場が本当に求める政策の実現につながる」と述べ、合流新党の必要性を訴えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 312 文字 / 残り 119 文字)

秋田の最新ニュース