阪神、甲子園の土を球児の元へ キーホルダー4万8700個発送

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
プロ野球阪神と阪神甲子園球場が全国の高校野球部3年生らに贈る「甲子園の土」が入ったキーホルダー(球団提供)
プロ野球阪神と阪神甲子園球場が全国の高校野球部3年生らに贈る「甲子園の土」が入ったキーホルダー(球団提供)

 プロ野球阪神と阪神甲子園球場は31日、全国の高校野球部と女子野球部の3年生部員全員に贈る「甲子園の土」が入ったキーホルダー約4万8700個の発送を始めたと発表した。9月1日以降、各校に順次届く予定。

 新型コロナ感染拡大の影響で、甲子園大会が春、夏とも中止となった。夢を絶たれた球児に配慮し、甲子園球場を本拠地とする阪神が発案して贈呈を決めた。矢野燿大監督やコーチ、選手らも協力して集めた約400キロの土を、ボール形のキーホルダーに詰めた。

 ユーチューブで31日に公開された関連動画では、矢野監督が「みなさんの背中を少しでも押せたらうれしい」とエールを送った。