秋田と能代、洋上風力の基地港湾に 国交省が初の指定

会員向け記事
お気に入りに登録

 国土交通省は31日、洋上風力発電の風車を組み立てたり、資機材を一時保管したりする基地港湾として秋田港と能代港、鹿島港(茨城県)、北九州港(福岡県)を初めて指定すると発表した。9月2日付。いずれも風力発電に適した海域に近く、十分な広さの埠頭(ふとう)があるため選ばれた。指定により発電事業者は長期間、安定的に港湾を利用することが可能になる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 523 文字 / 残り 353 文字)

秋田の最新ニュース