プレーボールをもう一度:大仙市内の宿泊・飲食店、書き入れ時失い大打撃

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
かみおか温泉嶽の湯の大広間を見つめる高橋支配人。全県500歳野球大会の期間中は、100畳の大広間が選手で埋め尽くされることもあるという
かみおか温泉嶽の湯の大広間を見つめる高橋支配人。全県500歳野球大会の期間中は、100畳の大広間が選手で埋め尽くされることもあるという

 500歳野球大会の舞台となる大仙市には、毎年県内外の選手が大勢訪れる。昨年は7月の全国大会に32チーム、9月の全県大会には180チームが出場。選手が食事や観光を楽しみ、宿泊することで経済効果を生んできた。

 新型コロナウイルスの影響で、今年は全県550歳野球大会を含めた3大会が全て中止に。ただでさえ人出が減った市内の宿泊施設や温泉施設にとって打撃となっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 899 文字 / 残り 718 文字)

同じジャンルのニュース