ジオパーク再認定後押し、にかほ市議らポロシャツ姿で議会へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
議員や職員全員が青のポロシャツで参加したにかほ市議会
議員や職員全員が青のポロシャツで参加したにかほ市議会

 秋田県にかほ市、由利本荘市、山形県酒田市、同県遊佐町で構成する「鳥海山・飛島ジオパーク」が10月、日本ジオパーク委員会の再認定審査に臨むことを受け、にかほ市議会(定数18)の議員や幹部職員が9月定例会初日の1日、同ジオパークの青いポロシャツを着て本会議に臨んだ。再認定を後押しする狙い。

 ポロシャツは同ジオパーク推進協議会が作成。胸元にロゴをあしらい、通常は同協議会認定のガイドが身に着けている。市議会が市当局の依頼に応じて着用を決め、各自でポロシャツを購入した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 377 文字 / 残り 144 文字)

秋田の最新ニュース