まんまタイム、久しぶり! 大森山動物園、平日限定で再開

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
リンゴをねだるレッサーパンダ
リンゴをねだるレッサーパンダ

 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)で新型コロナウイルスの影響により中止していた「まんまタイム」、餌やり体験などのイベントが今月、約3週間ぶりに再開した。2日は早速親子連れなどが訪れ、イベントを楽しんでいた。

 イベントは4月11日から6月30日に新型コロナの影響で一度中止となった。7月1日に再開したが、8月7日に県内で新型コロナのクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、8日から再び取りやめていた。

 イベントは、レッサーパンダやペンギン、カピバラなどに飼育員が餌を与えながら動物の生態を解説する「まんまタイム」や、来園者が実際に動物に餌を食べさせ、動物の食事の様子を間近で見ることができる「餌やり体験」などがある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 711 文字 / 残り 393 文字)

秋田の最新ニュース