学生らが漁業の魅力を体感! 県漁協などが「スクール」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
三浦さん(左)の指導で刺し網漁を体験する石井さん=先月30日、男鹿市の双六沖
三浦さん(左)の指導で刺し網漁を体験する石井さん=先月30日、男鹿市の双六沖

 秋田県漁業協同組合と県が主催する「あきた漁業スクール」が、先月25日から今月7日まで2週間の日程で、男鹿市とにかほ市で行われている。県内から20~60代の男性4人が参加。地元漁業者の指導を受けながら実際の漁を体験し、じっくりと漁業に触れている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 990 文字 / 残り 867 文字)

秋田の最新ニュース