地方点描:ブドウの季節[横手支社編集部]

会員向け記事
お気に入りに登録

 甘い香りが漂う畑には、黒や赤など色とりどりのブドウの実がなっている。横手市大沢地区から皿木地区にかけての国道107号沿いは、ブドウ栽培が盛ん。現在は15の直売所が並び、3カ所でもぎ取りを楽しめる。

 栽培されているブドウの実は、表面が白く光っているように見えた。栽培農家で横手観光ぶどう会(52人)会長の中村章さん(65)によると、これは実の表面についたブルームという粉だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 628 文字 / 残り 439 文字)

秋田の最新ニュース