地上イージス「なんとなくできそう」 米との協議不十分なまま地元説明

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地だった地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に関し、防衛省は3日、国会内で開かれた公明党の外交安全保障調査会で、配備断念に至った経緯の検証結果を示した。配備を急ぐあまり、米国側との技術的な協議と、地元への説明を同時並行で行ったことが問題だったと説明した。検証結果は近く公表する見通しだ。

 調査会は非公開。終了後、報道陣の取材に応じた調査会の佐藤茂樹会長と浜地雅一事務局長によると、河野太郎防衛相のあいさつの後、担当者が資料を示し、地上イージスの導入方針を決めてから、配備断念に至るまでの経緯を時系列に沿って報告した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 697 文字 / 残り 415 文字)

秋田の最新ニュース