イージス「誠実さ欠いた」 河野防衛相が検証結果公表、陳謝

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
河野太郎防衛相
河野太郎防衛相

 河野太郎防衛相は4日の閣議後会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備を断念した経緯について、検証結果を公表した。システムを開発する米側との協議と地元説明を同時並行で行い、結果的に慎重さ、誠実さを欠く対応だったと結論付けた。「地元の皆さまに改めておわびを申し上げたい」と陳謝した。

 河野氏は検証結果を4日朝、佐竹敬久・秋田県知事に直接電話して報告した。会見では、県側への説明について「地元と相談の上、やり方や時期を決めていきたい」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 840 文字 / 残り 611 文字)

秋田の最新ニュース