県内大雨、羽後町で1時間100ミリ 東由利は観測史上最大

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
倒木が発生した羽後町西馬音内堀回の県道=4日午前9時ごろ
倒木が発生した羽後町西馬音内堀回の県道=4日午前9時ごろ

 秋田県内は4日、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になった影響で、広範囲で大雨となった。気象庁はレーダー解析などの結果、羽後町では1時間に約100ミリの雨が降ったとして記録的短時間大雨情報を発表。由利本荘市東由利では1時間降水量が69・5ミリと観測史上最大を記録した。秋田市など3市では建物の浸水被害が発生した。

 秋田地方気象台によると、1時間降水量は大仙市大曲(64・5ミリ)、仙北市角館(55・0ミリ)など8地点で9月の観測史上最大を更新した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 768 文字 / 残り 527 文字)

秋田の最新ニュース