残る遺体の身元、火元の妻と判明 八郎潟町の住宅火災

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県八郎潟町字昼根下で先月29日に住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった火災で、五城目署は4日、身元が分かっていなかった残る1人の遺体は、火元の妻(86)だったと発表した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 166 文字 / 残り 74 文字)

秋田の最新ニュース