人口減見据え病床削減 にかほ市の金病院、診療所に転換

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
病床を削減して診療所へと建て替える金病院
病床を削減して診療所へと建て替える金病院

 秋田県にかほ市象潟町の金病院(金直樹院長)が、60床ある病床を19床にして診療所として建て替えることが4日、分かった。施設の老朽化と人口減に伴う患者数の減少を見据えての措置。建て替えは、県が将来の医療提供体制を見据えて作った「地域医療構想」に基づいており、費用の一部を補助する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 698 文字 / 残り 558 文字)

秋田の最新ニュース