地方点描:足元を見直す[本荘支局にかほ市駐在]

会員向け記事
お気に入りに登録

 にかほ市と由利本荘市、山形県酒田市、遊佐町の4市町で構成する「鳥海山・飛島ジオパーク」の4年に1度の再認定審査が、10月上旬に迫る。新型コロナウイルスの感染拡大で、リモート審査も検討されたが、審査員が実際にジオサイトを訪れ、4年間の取り組みを評価することになった。

 審査が近づくにつれ、関係者の緊張は高まる。近年の審査は厳しく、2年後の再審査が必要な「条件付き」判断が下るジオパークもある。にかほ市の認定ガイド、茂野正信さん(66)は「男鹿や裏磐梯など、有名な場所も条件付きになっている」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 599 文字 / 残り 350 文字)

秋田の最新ニュース