ニュースの「つぼ」:秋田港北防波堤の釣り場開放

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの人が釣りを楽しむ秋田港北防波堤=先月16日
多くの人が釣りを楽しむ秋田港北防波堤=先月16日

 秋田市飯島の秋田港北防波堤が先月8日から土日・祝日に開放され、釣りファンに人気を集めている。国土交通省の全国16港の「釣り文化振興モデル港」に指定を受けており、県は北防波堤を中心とした周辺地域の活性化に期待を寄せる。

 北防波堤は全長810メートルで、国際コンテナターミナルに近い秋田港の外港に位置する。クロダイやキス、アジなど年間で約20種類を釣ることができる。釣り場を運営する一般社団法人・秋田港有効利活用協会の佐々木清治副会長(69)は「魚種の豊富さは東北の港の中でも随一」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1040 文字 / 残り 796 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース