飾山囃子の魅力、次世代へ 奏雅扇舞会・藤井代表

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中央通りの曳山に乗り込み、お囃子の演奏を響かせる藤井さん(右端)ら奏雅扇舞会のメンバーら=2019年9月7日
中央通りの曳山に乗り込み、お囃子の演奏を響かせる藤井さん(右端)ら奏雅扇舞会のメンバーら=2019年9月7日

 「その年のお祭りで一度あるかないかだが、演奏していてみんなの息がぴったり合う時がある。その瞬間は、もう最高」

 角館のお祭りで重要な役割を担う飾山囃子(おやまばやし)。その演奏団体の一つ「奏雅扇舞会(そうがせんぶかい)」の藤井哲也代表(38)=仙北市田沢湖=は熱っぽく語る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1035 文字 / 残り 898 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース