子宮頸がんワクチン、自治体に個別通知の動き 接種件数に伸び

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 子宮頸(けい)がんを予防する「HPVワクチン」は、小学6年から高校1年相当の女子が公費で打てる定期接種の一つでありながら、対象者への積極的な呼び掛けが中断されている。2013年の国の勧告に基づく対応だが、この7年の間に接種率は1%未満と低迷。ワクチンの存在すら知らない人も増えている。こうした中、秋田県内の自治体にも個別の情報提供に乗り出す動きが出てきた。背景には、子宮頸がんで苦しむ女性を減らすための手段として「ワクチンが定期接種で打てることを知らせたい」という思いがある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1297 文字 / 残り 1058 文字)

秋田の最新ニュース