角館のお祭り、炊き出し担う女性たち 曳山引く若者支える

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
曳山を引く若者たちのためにおにぎりを握る七日町丁内の女性たち=2018年
曳山を引く若者たちのためにおにぎりを握る七日町丁内の女性たち=2018年

 角館のお祭りでは、各丁内の若者が3日間にわたって総重量数トンにも上る曳山(ひきやま)を引き回す。その間の食事は、家で待つ母や妻など女性たちの炊き出しが支えてきた。

 地域の高齢化などで業者に頼む丁内が増える中、仙北市角館町の七日町丁内は自前での炊き出しを続ける。

 定番メニューは、立ちながら食べられるおにぎり。曳山の参加者は時間によって20人から100人まで増え、一度の食事で使うコメは多い時で約15キロに及ぶ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1076 文字 / 残り 870 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース