秋田大など国立大、受験生救済策 コロナ、一般選抜欠席で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国立大82校のうち80校が来春の入学者に実施する一般選抜(一般入試)の個別試験で、感染などによって欠席した受験生のために追試験などの救済策を設ける予定であることが6日、各大学への取材で分かった。残り2校のうち東京芸術大は、実技試験を数日にわたって実施することを理由に追試験をしない。横浜国立大は個別試験をやめ、大学入学共通テストの成績や提出物で合否を決める。秋田大は追試験を行うほか、休校による学習遅れを踏まえて出題範囲も配慮するとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 913 文字 / 残り 675 文字)

秋田の最新ニュース