秋田高専「デザコン部」目指せV3! 大会へデザイン磨く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年のデザコンに出場した秋田高専の部員ら
昨年のデザコンに出場した秋田高専の部員ら

 秋田市飯島の秋田高専に、建築や土木のデザインを学ぶ部活動「デザコン部」がある。全国の高専生がデザイン力を競う「全国高専デザインコンペティション」(通称デザコン)で2018年と19年に日本一に輝くなど、近年は全国トップレベルの成績を収めている。今年は新型コロナウイルスの影響で活動できない時期もあったが、12月の大会を目指して着々と準備を進めている。

 デザコン部には現在、土木と建築を学ぶ学生を中心に30人超が所属。毎年12月に開かれるデザコンに向け、平日の放課後に集まって作品を制作するのが主な活動だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1133 文字 / 残り 881 文字)

秋田の最新ニュース