県内7月DI、マイナス61・6 コロナで悪化傾向依然強く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県中小企業団体中央会は、県内の7月業況判断指数(DI)をマイナス61・6と発表した。前月から10・1ポイント改善したが、同会は「新型コロナウイルスの影響で依然として景況の悪化傾向は強い」としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 638 文字 / 残り 536 文字)

秋田の最新ニュース