自民党総裁選が告示、3氏届け出 菅氏が優勢、安倍政権の継承争点

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
左から記者会見する菅義偉官房長官、出陣式であいさつする岸田文雄氏、石破茂氏=いずれも8日、東京都内
左から記者会見する菅義偉官房長官、出陣式であいさつする岸田文雄氏、石破茂氏=いずれも8日、東京都内

 安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選は8日告示され、石破茂元幹事長(63)、菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)の3氏が立候補を届け出た。5派閥の支持を得る菅氏が優勢で、石破、岸田両氏が追う展開。安倍政権の基本路線を継承するかどうかを争点に選挙戦がスタートした。国会議員票394と、47都道府県連に3票ずつ配分された地方票141の計535票が14日投開票され、新総裁が選出される。

 菅氏は無派閥約30人の支援も受ける。地方票を着実に獲得し、本格政権づくりの基盤としたい意向だ。石破、岸田両氏は党員への働き掛けを強め、得票を伸ばしたい考え。次の総裁選に再挑戦する上で今回の順位は大きく影響するとみられ、2位争いも注目される。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 938 文字 / 残り 619 文字)

秋田の最新ニュース