地方点描:露熊山峡[鷹巣支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 観光名所だった頃の景観をよみがえらせたい―。北秋田市阿仁の市民有志が荒瀬地区の露熊(つゆくま)山峡で、遊歩道などの修復作業を進めている。再び人が訪れる場所にしようと団結する姿を見て、山峡への強い思い入れを感じた。

 露熊山峡は秋田内陸線荒瀬駅の西約3キロに位置し、鍋岩やマタギ岩などの巨岩、奇岩が点在する。1952年に「観光秋田30景」の一つに選ばれ、ハイキングや紅葉スポットとして人気があった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 649 文字 / 残り 451 文字)

秋田の最新ニュース