上小阿仁村長が急性胆管炎で手術、入院 職務代理者は置かず

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中田吉穂上小阿仁村長
中田吉穂上小阿仁村長

 秋田県上小阿仁村の中田吉穂村長(69)が8日夕、急性胆管炎のため秋田市の病院で手術を受け、そのまま入院したことが9日分かった。入院は12日ごろまでの予定で、職務代理者は置かない。

 村によると、中田村長は8日午前に体調不良を訴え、秋田市の病院を受診。急性胆管炎と診断され、同日夕に胆管の詰まりを解消する手術を受けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 242 文字 / 残り 84 文字)

秋田の最新ニュース