花輪、土崎、角館の県内曳山3行事の模型、JR秋田駅に展示

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田駅に設置された伝統行事の模型
秋田駅に設置された伝統行事の模型

 秋田市のJR秋田駅の新幹線改札口近くに、いずれも今年中止となった鹿角市の「花輪祭(まつり)の屋台行事」、秋田市の「土崎神明社祭の曳山行事」、仙北市の「角館祭りのやま行事」の屋台や曳山の模型が今月末まで展示されている。利用客らに各行事をPRし、来年の誘客につなげる狙い。

 模型は3市がそれぞれ所有し、サイズは実物の12分の1。JR秋田支社が8月から設置し、それぞれのおはやしの音を日替わりで流している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 591 文字 / 残り 390 文字)

新型コロナで祭りが中止…住民らの思いを紡いだ連載はこちら

イベントニュース