時代を語る・北川裕子(15)職場の日本語は複雑

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
厚生大臣感謝状を手に学習会のメンバーと
厚生大臣感謝状を手に学習会のメンバーと

 生徒約15人で始まった日本語教室には、その後フィリピンから嫁いできた女性たちも加わり、すぐ20人ぐらいになりました。その中には既に働いている人もいましたが、仕事がうまくいかず「何だか私、駄目みたいです」と話す生徒が何人かいました。でも、何が駄目なのかをうまく説明できないんですよ。それで、あいさつを兼ねて仕事先を訪ねることにしたんです。

 「うちの生徒に何か問題があれば教えてください」と尋ねて回りました。どんな環境で、どんな仕事をしているのか、職場の人たちの話を実際に聞いて原因が分かりました。単文なら理解できるけど、複文になって複数の要素が重なると、何を言われているのか分からなくなっていたのです。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 764 文字 / 残り 463 文字)

この連載企画の記事一覧