東京五輪開催へ「対策本格化」 IOC会長、安全を最重視

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
国際オリンピック委員会の理事会後、記者会見するバッハ会長=9日、ローザンヌ(IOC提供・共同)
国際オリンピック委員会の理事会後、記者会見するバッハ会長=9日、ローザンヌ(IOC提供・共同)

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は9日、オンライン形式での理事会後に記者会見し、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期した東京五輪・パラリンピックの安全な環境での開催実現に向けて「今後の数週間でコロナ対策の異なるシナリオについて、重要かつ集中的な協議を行う」と述べ、具体策の検討を本格化させる考えを表明した。ワクチンの開発は開催条件に位置付けなかった。

 感染が完全に収束していない「ウィズコロナ」の状況下でも開催を目指す意欲を改めて強調した形。今後は日本政府が4日に初会合を開いたコロナ対策調整会議などでの議論に注目が集まる。