「五輪選手ら全員PCR検査を」 自民議連決議、観客も

お気に入りに登録

 自民党の観光産業振興議員連盟(会長・細田博之元幹事長)は10日、党本部で総会を開いた。来年の東京五輪・パラリンピック開催実現に向けて、国内外の選手や観客、ボランティアら関係者全員を対象に新型コロナウイルスのPCR検査が可能となる体制の整備を求める決議をまとめた。

 検査薬の生産量拡大や検査料の引き下げ、検査への保険適用も盛り込んだ。新政権発足後、関係閣僚らに提言する。