東北電とエネオス、能代・八峰沖洋上風力事業に参画

会員向け記事
お気に入りに登録

 東北電力(仙台市)と石油元売り最大手のENEOS(東京、エネオス)は10日、再生可能エネルギー発電事業のジャパン・リニューアブル・エナジー(東京、JRE)が秋田県能代市と八峰町の沖合に計画している洋上風力発電事業に出資、参画すると発表した。エネオスが国内の洋上風力発電事業に出資するのは今回が初めて。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 547 文字 / 残り 396 文字)

秋田の最新ニュース