組子の技法駆使、県産スギで茶室ドーム製作 鷹巣技術専門校

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
生徒たちが完成させた木製の「茶室ドーム」
生徒たちが完成させた木製の「茶室ドーム」

 秋田県北秋田市綴子の鷹巣技術専門校(阿部等校長)の住宅建築、建築工芸両科の生徒7人が、県産スギ材を球形に組み合わせた「茶室ドーム」を完成させた。組子の技法を用いて幾何学的な模様を浮かび上がらせている。あす12日に同校で開かれる学校祭「テクノスクールフェア」でお披露目される。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 688 文字 / 残り 550 文字)

秋田の最新ニュース