イージス断念・住民説明会、コロナ落ち着いた後か 市長が見通し

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 一般質問で秋田市の穂積志市長は、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画断念について、市が求める住民説明会は新型コロナウイルスの影響が落ち着いた段階で設けられるとの認識を示した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 378 文字 / 残り 281 文字)

秋田の最新ニュース