秋田の食:ナス料理2品 油の使い方に一工夫

会員向け記事
お気に入りに登録
手前がナス炒り、奥がサンショウみそあえ
手前がナス炒り、奥がサンショウみそあえ

 この夏は本当にこたえる暑さでした。こうなると、じっくりというよりは手早く、さっと調理できるものが好まれます。夏から秋にかけての定番野菜、県内で広く作られているナスを使った2品を紹介しましょう。

 ナスは油との相性がとても良い野菜ですが、油はかつてあまり流通しておらず、一般家庭では手に入りにくかったことを知っていますか? 私が嫁いだ40年近く前、この辺り(秋田市雄和戸賀沢)では、しょうゆと油は町内単位で共同購入していました。家で使う分が足りなくなると、当番のお宅に行って分けてもらっていました。もっとさかのぼって、サラダ油が登場する前はいわゆる「天ぷら油」、精製度が低くて冬場には凍ってしまうような油が、瓶入りで売られていました。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1705 文字 / 残り 1389 文字)

この連載企画の記事一覧