同性パートナー制度の導入提案 秋田市「研究進める」

会員向け記事
お気に入りに登録

 10日開かれた秋田市議会の一般質問で、同性カップルに結婚に相当する関係を認める「パートナーシップ制度」の導入について、市の考えをただす場面があった。パートナーシップ制度を巡っては、性的少数者(マイノリティー)の人権を保障する取り組みとして全国の自治体で広がっている。ただ県内では検討している自治体がなく、当事者から制度導入を望む声が上がっている。

 安井誠悦議員(市民クラブ)は質問で、「『(性的マイノリティーについて)社会の理解が浸透していないから時期尚早』というのではなく、行政や政治が率先して理解促進に努め、制度を作り、多様性を認める社会の実現を考えなくてはならない」と指摘。「制度化する考えはないか」と尋ねた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 649 文字 / 残り 340 文字)

秋田の最新ニュース