BB秋田、健康増進へスポンサー企業と連携 事業化も視野に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
連携協定に署名した(左から)佐藤社長、岩瀬社長、鈴木社長
連携協定に署名した(左から)佐藤社長、岩瀬社長、鈴木社長

 サッカーJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)を運営するBB秋田社は10日、クラブのスポンサーで秋田市で福祉施設などを運営する「きららホールディングス」、医療システム販売開発会社「アルファシステム」(いずれも本社秋田市)と健康増進に向けた連携協定を締結した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 758 文字 / 残り 629 文字)

秋田県は「健康寿命日本一」を目指しています

秋田の最新ニュース