無症状でもコロナ検査可能に 県内初、仙北市で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
仙北市が希望する市民に検査を実施する方針を示した角館総合病院
仙北市が希望する市民に検査を実施する方針を示した角館総合病院

 秋田県仙北市の門脇光浩市長は11日、新型コロナウイルス感染を疑う症状がない場合でも、市民が希望すれば市立角館総合病院で検査を受けられるようにする方針を明らかにした。市民の不安軽減が狙い。全額自己負担とし、金額、検査手法、実施時期などは検討中。県や市によると、無症状者が自費で検査を受けられるのは県内で初めて。

 市医療局によると、検査手法はPCR検査とは別のランプ法というウイルス検査と抗原検査のいずれかを検討している。費用は診療報酬の10割負担を想定し、ランプ法が1万5、6千円程度、抗原検査が1万2、3千円程度で検討を進めているという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 835 文字 / 残り 565 文字)

秋田の最新ニュース