ドジョウやウグイ、水路で大量死 湯沢市、県が水質検査

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は11日、湯沢市字沖鶴の水路で約700匹の魚が死んでいるのが見つかったと発表した。県健康環境センターで水質検査し、原因を調べる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 272 文字 / 残り 204 文字)

秋田の最新ニュース