「変な色…」正体は南方のカメムシ にかほ、作物への害なし

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
山内さんが先月31日に見つけたアカギカメムシ(山内さん提供)
山内さんが先月31日に見つけたアカギカメムシ(山内さん提供)

 秋田県にかほ市平沢町田の自営業山内勝幸さん(54)が、自宅前で珍しいオレンジ色のカメムシを見つけた。県立博物館によると、この虫は沖縄や東南アジアといった南方に生息するアカギカメムシ。

 山内さんは先月31日の午前6時ごろ、自宅の門の壁に張り付く虫を発見。「変な色」と思い、よく見たらカメムシに似た形をしていた。「4センチくらいあったかな。大きくてびっくりしました」

 県立博物館には、先月から、県内で同様の色のカメムシを見たとの情報や問い合わせが3件ほど寄せられている。担当者は「飛ぶ能力が高いので、南の方から風で運ばれてきたのではないか」と推測する。カメムシ特有のにおいや、作物への害はない。気温の低い県内では越冬できないという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 527 文字 / 残り 212 文字)

秋田の最新ニュース