月山神社、多彩な花の絵が天井に 秋田美大高等学院生が制作

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色とりどりの花が描かれた天井絵
色とりどりの花が描かれた天井絵

 秋田県大仙市杉山田の月山神社に、秋田市の秋田公立美術大付属高等学院の生徒が描いた天井絵16枚が設置された。神社の改修に合わせ、氏子が同学院に制作を依頼。色とりどりの花の絵に「長く愛される神社になれば」と期待している。

 月山神社の現在の社殿は1964年に雄物川近くに建設された。老朽化が課題だったが、2017年の豪雨を受けた国の災害対策工事に伴う一部敷地の売却や、周辺の間伐材の売却で得られた収入を改修に活用した。傷んでいた天井は新設しようと、同学院に天井絵を依頼。このほか社殿を塗り直し、車道や駐車場なども新たに整備した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 570 文字 / 残り 308 文字)

秋田の最新ニュース