異色の店、海産物販売とカフェ同居 由利本荘市・駅前通り

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
スタッフと談笑する金子さん(左)。地元食材の魅力を発信したいと意気込む
スタッフと談笑する金子さん(左)。地元食材の魅力を発信したいと意気込む

 秋田県由利本荘市花畑町の駅前通りで、海産物販売店とカフェを組み合わせた異色の店舗「萬(よろず)屋あきた本荘」がオープンから1カ月たち、注目を集めている。地物にこだわった品ぞろえが売りで、オーナーの金子伸吾さん(38)は「地元食材のおいしさを発信しながら、駅前のにぎわいづくりにも貢献できればうれしい」と話している。

 JR羽後本荘駅から100メートル西に8月オープン。空き店舗を改装した店内(約33平方メートル)は木材をふんだんに使っている。入って左側に海産物コーナー、右側にカフェを設けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 828 文字 / 残り 582 文字)

秋田の最新ニュース