源流 菅義偉(1)クラスメートの片隅で 影薄かった高校時代

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
卒業アルバムに納まる高校3年の菅義偉(中央)
卒業アルバムに納まる高校3年の菅義偉(中央)

 きょう14日の自民党総裁選で菅義偉官房長官が新総裁に選出されれば、県出身者初の首相の誕生が濃厚となる。高校卒業を機に秋田を離れ、政治の道に足を踏み入れるまでの歩みを、関係者の証言からたどる。

 ◇  ◇

 30年ほど前、湯沢高校の卒業生約20人が横浜市内の飲食店に集まった。首都圏で暮らす四十過ぎの面々だ。

 名刺を交換し、酒に酔い、思い出話や近況報告で盛り上がる中、黙々と料理を食べる男がいた。幹事が声を掛けた。

 「おーい、こっち来て名刺出せよ」

 男は輪に寄り、名刺を差し出した。受け取った神奈川県大和市の阿部守也(73)は、記された文字に驚いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1563 文字 / 残り 1290 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース