時代を語る・北川裕子(19)親子一緒の教室開設

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
赤ちゃんがハイハイできる親子教室
赤ちゃんがハイハイできる親子教室

 日本語教室には開設当初から幼児や小学生はいましたが、県教室になった後の平成9(1997)年ごろから、出産した外国出身の母親が赤ちゃんと一緒に来るようになりました。

 出産から3カ月ぐらいたった頃、「教室に行っていいですか」と電話があったんです。勉強したい気持ちに加え、育児のストレスもたまっていたんでしょう。勉強というより、みんなで話したりして精神的に安定させたいなと思い、受け入れることにしたんです。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 759 文字 / 残り 558 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース