老人ホーム勤務の女性がコロナ感染 大仙保健所管内

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は14日、大仙市協和の特別養護老人ホーム「峰山荘」に勤務する20代の女性介護福祉士=大仙保健所管内在住=が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の高齢者施設で感染者が出たのは初めて。県内の感染者は、再陽性を除いて50人目。

 県によると、女性は入所者の介護を担当しており、夜勤明けの8日朝に職場で喉の痛みを感じたため帰宅。9日に発熱や体のだるさも出たため医療機関を受診し、風邪と診断された。さらに10日には嗅覚異常も感じたため、大仙保健所や前日受診した医療機関へ相談した上で、12日に帰国者・接触者外来を受診。14日にPCR検査で陽性が判明した。現在の症状は嗅覚異常だけで、入院先などを調整中。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 590 文字 / 残り 286 文字)

同じジャンルのニュース