「地方の実情理解」菅氏に期待の声 県民200人アンケート

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「自民新総裁に菅氏」のニュースを伝える電光掲示板=14日午後、JR秋田駅ぽぽろーど
「自民新総裁に菅氏」のニュースを伝える電光掲示板=14日午後、JR秋田駅ぽぽろーど

 秋田県湯沢市出身の菅義偉官房長官が14日、自民党新総裁に選出され、16日の衆参両院本会議で本県出身者として初の首相に指名されることが確実になった。秋田魁新報社は県民200人にアンケートを実施し、菅氏に望むことなどを尋ねた。「期待する」と答えた人が8割を超え、身近な課題である地方創生・人口減や新型コロナウイルス対策に優先して取り組むよう求める意見が目立った。

 菅氏に「期待する」か「期待しない」か尋ねたところ、83・5%が「期待する」と回答。「期待しない」は12・5%だった。選択肢にはないものの、「どちらともいえない」として回答を保留したのは4%だった。

 期待する理由として、本県出身で地方の実情を理解していることや、7年8カ月余り続いた安倍政権を継承することを評価する声が多かった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1409 文字 / 残り 1065 文字)

秋田の最新ニュース