コロナ感染者情報「不安与えぬ形で発表を」 秋田市議から意見

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 秋田市議会9月定例会の一般質問が14日行われ、市内で新型コロナウイルスの感染者が判明した際の情報公開について「市民の不安を与えない形にしてほしい」との意見が相次いだ。

 市は感染者が判明し次第、患者の年代や性別、症状の経過や行動歴などを発表している。住所や滞在先などの詳細は明らかにしていない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 569 文字 / 残り 422 文字)

秋田の最新ニュース