時代を語る・北川裕子(20)育てるなら母国語で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
親子教室に来た生後3カ月の赤ちゃん
親子教室に来た生後3カ月の赤ちゃん

 外国出身の母親が子どもを産んだとき、私は「日本語を無理に使わなくていいから、母国語でしゃべりなさい」と言っています。3、4歳ぐらいまでは、なじんだ言葉で思いっ切りかわいがり、愛情たっぷりに育てなさいって。

 小さい頃から日本語で話し掛けないと、母語としての日本語が育たないと言われた時期がありました。言葉は耳から入るからと。すると、外国出身の母親は「あなた、おいしいですか」「かわいいですね」と生まれたばかりの子に話し掛けるんです。自分の子どもなのに、何か他人行儀で変だなあと感じていました。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 728 文字 / 残り 482 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース