菅氏は鉄壁なのか、説明拒否なのか 強気な発言、時には裏目

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 自民党総裁に選出され、首相就任が確実となった菅義偉氏は、内閣官房長官として7年8カ月にわたり政府のスポークスマンを務めてきた。批判をばっさり切り捨てるその言い回しから、ネットでは「鉄壁のガース-」「安定のガース-」とも呼ばれる(ガースーはスガを逆さ読みしたあだ名)。危機管理能力の高さを評価する声がある半面、「実は何も答えていないだけでは」といった批判も根強い。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1124 文字 / 残り 942 文字)

秋田の最新ニュース